仮想通貨ANGOUTのLINE@

たまたまやっていたICBウォレットが最近話題になってるね。

仮想通貨ANGOUTのLINE@
ICBウォレット

ICBウォレットも今はやりのHYPE案件ですが、最近話題になってますね。

そうなんです。12月27日に0.2669ビットコインをICBウォレットに預けて投資した結果、最近見てみたら0.098、およそ0.1ビットコイン6万円くらいが配当として入っていた。

上記の画像①が2018年12月27日に投資した0.2669BTCで②の0.986BTCがICBから貰った配当金です。合わせて0.365BTCになっているので、価格の上昇も併せて約2倍になってます。今後、このウォレットの扱っているICBコインの価格が上がってくるということなので、放置していたICBウォレットを覗いてみたらこの結果でした。

放置していたので、わからないことも多いので、ちょっと調べていたら上記画像の右下報奨金の明細の0.00074732BTCが毎日の配当のようです。日本円で毎日480円くらいです。ビットコインの価格が上がればもっと配当が増える計算になります。

眠っているリップルをどうしようと考えた結果

実は迷いました。海外のウォレットや取引所に預けるということは、どっちにしてもリスクがあると思ったからです。ひとつは、ここのICBウォレット、もう一つはCROSSexchangeで迷いました。

迷った結果、ICBウォレットにリップルを預けようと思いました。なぜなら、ICBウォレットに預けるとリップル自体の枚数も増えてICBコインも増えるからです。ちなみにCROSSexchangeだとXEXを増やすにはリップルの枚数も減らさないといけないからです。

なので、ICBウォレットにリップルを預けて投資することにしました。ICBウォレットの運用の仕方はアービトラージです。取引所と取引所間の価格差を毎日取引することで収益を上げています。アービトラージはリスクが少ないので安心できます。

ビットバンクからICBウォレットにリップルを送金します。

まずは日本の取引所ビットバンクにログインします。南海やってもこの送金から送金完了までが一番緊張します。

ビットバンクにある上記の画像のリップルをICBウォレットに送金します。しかし最近のリップルは価格が割れてガッカリです。

ビットバンクから送金完了しました。あとはICBウォレットに入金されるのを待つだけです。当時は去年は明細書としてトランザクションのスクショがICBウォレット側で確認してましたが、今は自動で入金されさらに投資も自動でされるようです。

送金後、すぐに反映しません

送金しても、すぐには反映しません。メニューバーの「委託」⇒「投資履歴」⇒「未決」を確認してください。ICB側の確認後反映されます。確認されましたら「認証された」となります。僕も最初ハラハラ焦りましたけど、しっかりと送金できていれば大丈夫です。

約10時間後無事ICBウォレットに入金されました

リップルが約10時間後ICBウォレットに着金されました。一安心です。そして資産も増えましたが今後どんだけ増えるか楽しみです。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

ICBウォレット
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました