アゼルバイジャン共和国に住みたくなったので調べてみた

仮想通貨ANGOUTのLINE@
私の生活スタイル
イッテQ イモト、石油を前に金の話をし異様に興奮するwwwinアゼルバイジャン

1日で62億円の石油が取れるとかやばい国でしょ。第二のドバイと言われているので、今のうちに色々調べて、最終的に住みたいと思ってます。

アゼルバイジャン共和国ってどこにあるの?

そもそも、アゼルバイジャン知ったのはCROSSexchangeの取引所のあるところだったからであって、どんな所か全くわからない。しかし、すばらしいとこなんだろうなっていう想像はできる。h

カスピ海の西側にあるのはわかりますが、イラクやシリアが近いけど大丈夫かな?戦争とかあったらいややし・・・・。

アゼルバイジャン共和国の治安は大丈夫なの?

歴史を見ると昔からアゼルバイジャン人とアルメニア人との領土の争いがあるみたいで、今でも紛争が起きているみたいです。首都バグーは、素晴らしいビルがたくさんたってますが、一方で窃盗事件は年々増えているようです。

犯罪も日本よりは多いと思われるので夜の一人徘徊は避けたほうがよさそうです、女性の一人歩きは、かなり危険なんでやめましょう。

アゼルバイジャンまでどうやっていくの?

日本からアゼルバイジャンに行くには直行で出ている飛行機がないため、乗り継がないといけない。一番いいのはドーハで乗り継ぎをするのが良いようです。

いくつも生き方はあるようで、2回から3回の乗り継ぎが必要になってきます。行くまでに1日かかるイメージですので、1日は移動時間と考えたほうが良いでしょう。

アゼルバイジャンの食べ物はおいしいの?

アゼルバイジャンでよく食べられるのは羊の肉やカスピ海でとれる魚介類のようです。下記のサイトで詳しく説明してくれていますので、気になる方は見てください。

ぷらたび ⇒ https://platabi.com/4255

僕の感想では、おいしそうな料理が多いです。特にカスピ海でとれる魚料理には興味がありますね。

アゼルバイジャンに観光でいくとするといくらくらいかかるの?

観光で一週間くらい滞在して30万~60万円くらいです。現地で使うことを考えると最低50万円はかかるようですね。しかし住むとなるとどうなんでしょう?

住むとなると治安はまあまあ良いようで、物価もかなり安いと聞きます。ただ日本までの距離が遠いので、すっと帰れる距離ではありません。

贅沢をしなければ1000マナット(6万~7万円)くらいで生活できるようです。1500~2000マナットあれば、まあまあ贅沢な暮らしができるようです。

アゼルバイジャンって仮想通貨の税金はどうなの?

アゼルバイジャンでは仮想通貨の税制は最大で25%の課税になるようです。日本は雑所得で55%、マレーシアは0円ということなので、中間って感じですね。

日本もせめて25%くらいであれば、ずっと住んでいてもいいのですが、ちょっと高すぎます。アゼルバイジャンは、標準といったところですかね。

アゼルバイジャン共和国の総合点は?

っということで、総合的には100点満点中85点です!行きたい国の候補に挙げさせていただきます!それではまたあいましょう。

人気ブログランキング
image
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

私の生活スタイル
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました