仮想通貨ANGOUTのLINE@

配当ウォレットに投資して思ったこと

仮想通貨ANGOUTのLINE@
投資のリスク

過去の配当ウォレット

配当型ウォレットは2017年ころから流行り始め、当時はポンジスキームという詐欺案件が多かった。なので、最近出ている配当型ウォレットも同じように見ている人も多いようだ。

ただ、2018年に入ってプラストークンやアービタオなどの今も続いているHYPE案件が出てきたことにより、2019年、かなりの数の配当型ウォレットが出ましたが、多くのユーザーを確保して今に至るという流れです。

特にプラストークンのプロジェクトは大成功をしており、億り人を輩出したようです。僕はプラストークンには資金は入れていたものの、5万に満たない資金を入れていたため、まったく恩恵を受けることはありませんでした。

2018年の恩恵を受けれた配当型ウォレットはアービタオだけです。正直、アービタオは今のところ成功とみていいでしょう。元金はとっくに回収できており、毎月20万以上の収入が一つのウォレットから見込める状態です。

2019年の配当ウォレット

それでは、2019年に出てきた配当ウォレットはどうなんでしょうか? 僕が知っているだけでも、10以上の配当ウォレットが出てますが、僕が紹介しているのは、ある程度調べて紹介しています。しかしテスラインのように詐欺なポンジスキームにも引っかかりました。僕自身も紹介してましたので、反省することもあります。

投資は自己責任とはいえ、紹介している以上、しっかりと見極めなければなりません。なので、僕の紹介している配当ウォレットは100%安全ではありません。なぜなら、HYPE案件といって超高利回りだからです。

HYPE案件の超高利回りと一般的な案件の比較

超高利回りって、どこまで超高利回りかというと、月利が一般的の年利のような利益になるくらいです。どういうことかと言うと例えば不動産の業界ですと、マンション等を購入して、人に貸した場合、利回りは5%前後と言われてます。

海外の不動産であれば、もう少し条件がよくなるケースもありますが、それでも月利で5%とかになると、一般的に見て詐欺だと思われても仕方がないことです。

しかし、HYPE案件(超高利回り)でも利益を出し続け、顧客に配当を配り続けているプロジェクトもあることは事実です。ポンジスキームと言われながら、今の時代にマッチしたやり方で、プロジェクトを遂行し顧客と運営側でウインウインの関係を作ることができるのです。

HYPE案件で、稼いでいくには?

HYPEで稼いでいくには、業者やプロジェクトに見極めにあると思います。僕の見極め方としては、とりあえず登録して中身を見ます。サイトだったり、どういう配当の払われ方をするのかをまず体験します。なので少額の投資から始めます。

そして様子を見ながらプロジェクトの内容を調べていきます。テスラインは飛びましたけど、怪しい部分もあったので、350ドルしか投資してませんでした。ぼくのブログを見てもらうとわかると思いますが、良い部分と悪い部分を正直に伝えています。

テスラインに関しては住所がバーチャルオフィスだったりとか、調べて怪しいことは多々ありました。しかし、かなりの配当だったので、少しの投資でリターンを狙っていたわけですが、あまりにも早いスピードで飛んでしまったのは事実です。

僕のお勧めナンバー3HYPE案件

1位:ICBウォレット

ICBウォレット
「ICBウォレット」の記事一覧です。

ICBウォレットは、僕が今現在、一番投資している案件です。今後ももっと資金を投入していこうと思っています。上記の記事でも書いてますが、プロジェクト自体が信用できる内容ですし、今後期待できるだけの内容になってます。これで騙されたとなれば、納得できるので僕は、信用してICBウォレットに資金を投入します。

2位:アービタオ

ARBITAO
「ARBITAO」の記事一覧です。

アービタオは僕が投資している中でも実績ナンバー1の配当案件です。ちょうど1年くらい前の話ですが、巷では、かなり評判が悪かったです。なので、僕も投資しながら大丈夫かなと思いやってました。もう資金無くなってもいいからと思い放置していたら、今のように毎月20万円以上の配当を安定して受け取れるようになっています。

3位:ウォートークン

Wotoken
「Wotoken」の記事一覧です。

ウォートークンは過去に成功したプラストークンのプロジェクトメンバーが運営に携わっていることから、成功に限りなく近いと思い投資を行っております。

これから配当ウォレットを始める方へ

初心者の方や、これから配当ウォレットを始めようという方は、僕が紹介した3つの配当ウォレットから始めるのもいいのではないでしょうか?

ほかにもありますが、すべてにおいてリスクは付いてきます。ベスト3のウォレットもリスクがないわけではありません。飛んでなくなるポンジスキームだとは思えませんが、どんな企業も一生懸命プロジェクトを進めてもうまくいかないケースもあります。

しかし、総合的に僕の判断としては、うまくいくと踏んで投資してます。あなたの考えがどうなのかはわかりませんが、ただ貯金だけしてお金をおいておく時代は終わったと思います。

これからは、お金を増やすために考えて行動していくことで、明るい未来が見えると僕は思っています。長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。あなたの素晴らしい未来の手助けが少しでもできればと思いこうやってブログを書いています。今後ともよろしくお願い致します。

人気ブログランキング
image
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

投資のリスク
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました