仮想通貨ANGOUTのLINE@

ザッカーバーグ公邸リブラ(Libra)が、とにかくやばい!

仮想通貨ANGOUTのLINE@
Libra
Facebook社のリブラが通貨戦争を起こすか?!

ザッカーバーグが率いるフェイスブック社が2020年リブラ(Libra)という仮想通貨を世に送ろうとしてます。このサービスマジでやばいです。

なぜやばいかと言いますと、通貨を支配しようとしているからです。現在、中央権型の金融を牛耳っているのはロスチャイルド・ロックフェラー・JPモルガン等のグローバル金融主義者たちと言われてますが、これを壊そうとしたのがサトシ・ナカモトが2009年に発表したブロックチェーンと仮想通貨の融合でした。

この論文のおかげで中央権型の金融資本から分散型でみんなで管理できる金融へと変わろうとしました。しかし各国は法律で規制し仮想通貨の分散型台帳はいまいちひろがりませんでした。

しかし、ザッカーバーグは密かに準備してました。そしていよいよ2020年やってきます!

通貨戦争が始まるのか?

分散型台帳を活かして、国の法律できせいされないようにザッカーバーグが先頭を切って動いてきました。それがリブラ(Libra)です。リブラは仮想通貨の中でも安定しています。ステーブルコインという言い方をしますが、投資商品ではなく、あまり変動しないコインになります。

なので、通貨として成り立つのです。そしてなぜ?通貨戦争が起きるかというと、リブラ(Libra)が世にでると、日本の円やアメリカのドルなどの通貨の価値がなくなる可能性があるのです。

だから当然、日本やアメリカの国は規制してくるはずです。そしてザッカーバーグは国の法律をうまく、かわしていこうとするはずです。するとフェイスブックグループと各国の国の通貨戦争が起きると思います。

しかし、僕が気になるのは分散型台帳でみんなで管理しようという考え方が、結局フェイスブックのような大きな起業が牛耳ろうとしているところが気になります。つまり分散型台帳を使った中央権型の仕組みになるというわけです。

しかし、ザッカーバーグがいよいよリブラで動いて来ましたが、実はジェフべゾス率いるアマゾン社も密かに準備していると僕は予想してます。なぜならフェイスブック社はインスタグラムを合わせると20億人のユーザーがいると言われてます。そしてアマゾン社が動いたら競争が激化して間違いなく通過戦争が起きます。

しかし、フェイスブック社と言えばロックフェラーが絡んでいる?

ある番組で見たのですが、フェイスブック社のマーク・ザッカーバーグはロックフェラーの孫という噂もあります。そうなると今の金融を牛耳っている組織が、結局、仮想通貨も牛耳るのか?ということになります。

しかもフェイスブック社グループは、20億人のユーザーがいると言われていて、その情報で宣伝すれば、かなりのユーザーが仮想通貨に流れるのは予想できるし、さらには全世界の個人情報と金融情報を集めてしまうことができます。

そうなると、いよいよ人類の個人情報を牛耳ってしまうことになります。

ビザ、マスター、イーベイ、ペイパルが参戦

大手の企業が参戦するということは、もう通貨は確実に変わります。アメリカや日本がどういう動きをするのか分かりませんが、間違いなく通過戦争になることは間違いありません。

しかも2020年といえばすぐそこです。今現在、30社ほどの大手企業がフェイスブックの協力会社として提携してます。2020年のリブラ(Libra)がスタートするまでに大手企業100社と提携しようとしてます。

リブラってどんなサービスなの?

リブラは、どこにいっても安い金額で送金ができて、さらに早いんです。例えば、アメリカに遊びに行ってもリブラが使えるようになります。さらには日本円にもドルにも交換することができます。

地球上の通貨がリブラ中心になることで、銀行を持ってない人々にも簡単にスマホ一つで決済できるようになるのです。今まで、日本からアメリカなどに送金する場合3日~5日の送金速度で2000円から5000円の手数料が掛かったりしてました。

それをリブラにすることで一瞬で送金が出来て、ほとんど手数料が掛からないというサービスになります。しかも全世界のフェイスブックユーザーやインスタグラムユーザーをそのまま紐付けてリブラを持つことが出来れば登録自体も一瞬で出来るようになります。

現に今でもフェイスブックで登録するサービスがたくさんでてます。アマゾンやグーグルがここに参戦してきたら、もっと加速するでしょう。なので2020年からの金融は劇的に変わってくるでしょう。

ラリー・ペイジ ジェフ・ぺゾス マーク・ザッカーバーグなどの頭の良い人たちが中心になり、金融の世界を牛耳る日も近いのではないでしょうか?

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

Libra
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました