仮想通貨ANGOUTのLINE@

LendWallet(レンドウォレット)は次世代配当ウォレット

仮想通貨ANGOUTのLINE@
LendWallet
LendWallet,(レンドウォレット)次世代配当ウォレット

レンドウォレットに登録してみました。この配当ウォレットは次世代型の配当ウォレットです。まずは登録の仕方からご紹介しますね。

登録方法

まずは上記をクリックしてください。すると下記のような画面になります。

上記の様に記入したら「登録する」をクリックしてください。これで登録完了です。

LendWallet(レンドウォレット)の歴史

レンドウォレットのれ歴史を見ると、ある程度、信用できると思います。レンドウォレット社の設立は2008年05月03日になります。 最初は 低金利で一般市民への金貸し業でスタートしました。

2012年3月にはオンラインにてアメリカ全土の人に融資を開始しました。その後2014年3月に仮想通貨を使った融資を始めました。早い段階からアメリカで始めているので信用できる材料になると思います。

最近の配当ウォレットで、これだけの歴史があるウォレットは他にありません。なので安心できるのではないでしょうか?2019年3月からアジアに参入してきました。

僕のほうにもスイスのレンドチームから直接オファーが来て、日本に広めてほしいということだったので引き受けました。レンドウォレットはスイスのブロックチェーン会社から始まったようです。

そのスイスのチームから直接オファーからの紹介なので、疑問などがあれば直接運営と連絡が取れる位置にあります。もし迷っていることがあれば質問コーナーから質問するかコメント欄にてコメントください。

レンドウォレットは、とてもシンプルな仕組みで毎日配当されます。

毎日の配当0.5%・毎月の配当10%の配当金がウォレットに反映され続けます。歴史もあって、これだけのパフィーマンスが続くのは、レントウォレットだけではないでしょうか?

しかも仕組みが、とてもシンプルなんです。それは「お金を借りたい」と考えている事業者や個人と「お金を投資したい」と考えている投資家をインターネットで結ぶ会社がレントウォレットです。それをソーシャル・レンディング(SL)と言います。

貸し倒れはしないの?

貸し倒れを防ぐためにAIが審査してます。担保を含めた計算を莫大な情報の中から計算して貸せるかどうかを判断します。AIでも審査できない場合は、取締役が判断して融資します。

配当はBTCかETHで

配当金はビットコインかイーサリアムで支払いされます。独自トークンなどで支払いされると、価値がなくなったりする場合がありますが、ビットコインやイーサリアムであれば安心です。3万円からスタートできるので、比較的簡単にスタートできます。

まとめ

久しぶりに信用できる配当ウォレットがでてきました。僕が信用しているウォレットは、いくつかありますが、このウォレットは歴史があるので安心感があります。

投資はあくまで自己責任で御願いしてますが、今回のウォレットは、なかなか面白いと思います。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

LendWallet
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました