仮想通貨ANGOUTのLINE@

さあいよいよ来たか!金融恐慌が起こるよ!

仮想通貨ANGOUTのLINE@
私の生活スタイル
いよいよ世界恐慌が来ます!

今回の金融恐慌はリーマンショックよりも更に大きな金融恐慌が起こると言われてます。これはジム・ロジャースという3大資本家の一人が言ってます。

今後1~2年のうちに、私が生きてきた中で最悪の経済危機が起こると予想している

ジム・ロジャース

中央銀行は民間銀行?

世界恐慌が始まることを説明するには、知っておいた方がいいことがあります。それは世界の銀行の中央銀行と呼ばれている銀行FRB(米国中央銀行)は100%民間銀行ということです。これは驚くかもしれませんが事実なのです。

では、世界の基軸通貨ドルは誰の為に運用されているかを考えると答えが出てきます。これは、我々国民のためではありません。一部の金融を牛耳る株主の為に運用されてます。彼らのお金儲けのための銀行なのです。

つまり彼らのマネーゲームが世界中で起こっていて金利と通貨量を操作することでバブルを起こしたり壊したりして我々民間人の資産を巻き上げています。

世界のGDPと金融資産

世界のGDPと金融資産を比べてもらうと分かります。

現在2019年はGDPと金融資産は4倍以上にもなってます。つまり金融バブルで水増しされた経済になっているんです。その水増しされている世界金融資産の半分がシャドーバンキングと言われてますが、1京7600兆円あります。

これ普通に書いてますが、相当やばいんです。このシャドーバンキングはなにかと言いますとハイリスクの塊です。 一連のレバレッジのかかった非銀行融資のルート、媒体、構造 です。どういうことかというと、FXや㈱などをやったことがある方ならわかると思いますが、相当のレバレッジをかけた商品ということです。

デリバディブともいいますが、そういった商品が、レバレッジを1000倍以上かけて取引されていると言われてます。こんな商品が世界の金融資産の中に半分も混ざっているのです。

解決するには金融の国営化しかない

この金融の仕組みを変えるには200年以上続いている金融の民営化を国営化していくしか方法がないです。今のまま民営化してお金がまわっていると一部の人のお金儲けのためでしか経済は回らないのです。

イタリアの5つ星運動

イタリアでは民間人が政権を取り、イタリアの中央銀行を国営化しようとしてます。そしてベーシックインカムで月に10万円を国民に配ろうとしてます。これは、今の民間の銀行BISとイタリア民衆の最終決戦と言われてます。

中央銀行を国有化することで、民主主義的金融のあり方が出来上がると思います。ケネディ大統領は、民間の中央銀行を国有化しようとケネディドルを発行しようとしたら暗殺されました。こういった動きは昔からあるのですが、200年もの間、グローバル資本主義者に牛耳られてきてしまったのです。

なぜ金融恐慌が起こるの?

引き金になるのは中国だったりドイツだったりといろいろと意見がありますが、今一番危険なのがドイツ銀行の破綻です。これはドイツで一番大きい銀行なのですが、今、株価が落ち切ったにも関わらず、さらに落ち始めてます。

ドイツ銀行破綻問題

5500兆円のデリバティブが崩壊しようとしてます。この金額やばいと思いますが、実はドイツ銀行の頭取も、いくら借金があるかわからないそうです。デリバティブとは株価が上がるか下がるかにレバレッジを1000倍とか賭けた保険。

このレバレッジも、進める営業マンも銀行マンも、もはやどれくらいになっているかわからないそうです。FXのXMというサイトだと最高レバレッジ888倍ですが、それをはるかに超える金融商品に莫大なお金を投資しているのでしょう。

この商品がでまわることは、実体経済に何のいいこともないどころか、世界恐慌をゲームのように起こす役割にしかなってません。つまりグローバル資本主義者たちのマネーゲームに世界の銀行が使われているんです。

リーマンショックとは?

リーマンショックをご存知だと思いますが、リーマンショックとは、サブプライムローン関連のデリバティブとシャドーバンキング商品の破綻による世界恐慌なんです。

リーマンブラザーズは倒産直前までは格付けトリプルAの優良企業だったにも関わらず、レバレッジの効きすぎた商品を大量に保有したために、とんでもない借金に追い込まれてしまったんです。リスクがないと思われていたのに突然爆発するように弾けました!!

近年、起こると言われている世界恐慌

リーマンショックの10倍以上と言われる世界恐慌はドイツ銀行の負債が260兆円。デリバティブが1%吹き飛んだら600兆円。シャドーバンキング10%吹き飛んだとしたら1700兆円。少なく見てもこれくらいが崩壊すると言われています。

リーマンショックのときは100兆円のバブル崩壊ですから、けた違いです。さらにいうと消費税10%に上がり、そしてリーマンショックの10倍の世界恐慌がくるとしたら、日本経済にどれほどのダメージを与えるでしょう。

ちょっと想像できませんが、我々零細企業は跡形もなく吹き飛ぶでしょうね。失業者は街にあふれて自殺者も増え、とんでもない状況になるでしょう。世界の資本主義崩壊と見ていいでしょう。

ではどうしたらいいの?

僕の見解ですが、まずは通貨戦争が起こると思ってます。これだけの世界恐慌が起こる前にドルや円から違う通貨に逃げておくことをお勧めします。来年にはビットコインの半減期もきます。なので今のうちにビットコインを集めておくと、資産をふやすことができます。

世界恐慌が起きたら、間違いなくドルや円の価値が下がりますので、ビットコインなどの仮想通貨に交換しておいたほうがいいでしょう。今のうちに暗号資産の勉強をして世界恐慌が来ても大丈夫な体制を整えておきましょう。

このブログではHYIP案件を中心に資産運用できるサイトを紹介してますので、そういったサイトに資産を預けておいた方が賢明です。日本の通帳は今後マジで危ないと思います。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

私の生活スタイル
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました