仮想通貨ANGOUTのLINE@

なんか違うと思うことって、やっぱりなんか違うよね。

仮想通貨ANGOUTのLINE@
私の生活スタイル

僕は屋根を中心にリフォーム業をやっているのですが、太陽光発電や蓄電池の設置などもしてます。たまに知り合いから、紹介の案件が来るのですが、今回はさすがに違うよなって思ったので記事にしてみました。

共感できる人は、動画に「いいね」してください。共感できない場合は「ブーー」をクリックしてください。

蓄電池を欲しがっているお客さん?

蓄電池を他の業者で見積もりを取っていて、300万円で購入しようとしていた人なんですが、その人の知り合いが、知り合いに業者居るので、ちょっと安くできるかもしれんから聞いてみるというアプローチを取った案件がもう一人を経由して紹介して貰いました。

そのもう一人というのがBさんとして最初に紹介をした人をAさんとしましょう。Bさんとは、昔の会社の部下で、営業力のあるんですが、Aさんも営業経験も長く強い営業をするイメージがある人です。

ただ、蓄電池の知識も工事もできないということで、僕にBさんを通して紹介してもらいました。Bさんとは仲も良いし、前にも紹介してくれたので気兼ねなく紹介を受けました。

蓄電池は、経済産業省の申請があり、最近では、その申請が長引く

今回問題になったきっかけは、申請が長引くということです。最低でも半年かかるような状況です。そんな状況を僕は知っていたので、約束したとしてもお客さんの気持ちが変わることがあることをBさんに伝えておきました。

するとBさんは、「手付金を貰ったほうがいいのではないですか?」と言ってきました。正直、BさんもAさんもあとから知ったのですが、最初に得を得ようとしています。僕の経験からだと、最初に得を得ようとすると、結果、得しないという経験をしてきたので、「考え方が僕と違うな」と思いました。

損を先に取って、あとで得をする

この法則が僕の心の中にあるので、「手付金?」という疑問が走りました。お客さんにとって、最初の段階で「手付金」を取ったとしたら、あとで購入したんだからキャンセルできないなあという心境になるのかもしれないけど、はたして本当にそれで、お客さんの得になるのか?と思い僕は、そういった話は一切しなかったんです。

そして、2018年の年末に蓄電池を取り付ける約束をお客さんと交わしました。契約書は、僕はこの時点では巻きません。それが僕のやり方なので・・・。その後2019年6月ごろに申請がおりたのでお客さんに電話を入れました。

すると、連絡が取れないんです。何度連絡をしても連絡が取れないので、Bさんに言いました。するとBさんはAさんに頼んでお客さんに連絡をするように言ってもらいました。

そして連絡は来ましたが、LINEで「ちょっと今、お金が苦しいので、また連絡します。」というような内容でした。僕は、それはしょうがないと思っていたら、次の日、Bさんから電話がありました。「どうなりました?」っと・・・。

連絡がとれないから、しょうがない。ということを伝えると、かなりの勢いでキレてきました。適当すぎるというのです。買う前提で僕に案件を渡したと言い、売れないのはおかしいというのです。

僕は、相手がそう言っているのだから、しょうがないでしょというと、僕が行けば100%売れるというから、「じゃあ自分でいけば」と言ったら、それは逃げでしょって言ってきました。「馬鹿じゃないのか!」と暴言もはかれました。

そこまで言われたので、もうおりると伝えたら、なんで逃げるんですか?と言ってきます。

売上と仕入れを引いた利益の4割をBさんに渡すという条件

4割を渡すという条件なので、Bさんはほぼなにもしなくても現金が入ってくるのです。なので、自分で動いてくれと何度も言ったのですが、第三者が行ってもお客さんの心が動かないというんです。しかし行けば100%売れると言ってます。

まあ、矛盾していることを連発していたので、こういった形で記事にして残しておこうと思いました。今回、僕が納得いかないのは、相手のお客さんにものを売りつけようという姿勢がBさんもAさんにも感じるんです。

最初に得をとろうという人間は成功しないという僕の定義に完全に外れているので、おそらく2人とも成功してないし稼げてないでしょう。

BさんがAさんにも顔をつぶしたような形になるのでというので、僕を動かそうとしているのですが、それが見え見えなんですね。なのでAさんに連絡いれたところ、やはりるいは類を呼ぶといいますよね言いますよね。

Aさんの気になる言葉はこれだ!

「今回の案件はキャンセルになることはしょうがないけど、だいの大人が動いているのだから、キャンセル料だけはお客さんから取った方がいいですよ。」とアドバイスを頂きました。ありがとうございます。絶対にお客さんにキャンセル料は貰いませんけどねと思いながら電話を切りました。

このAさんもBさんも成功からは、かなり遠いなと思いました。おそらく長くはないなと思いました。僕の予感は、かなり当たるので、まあそうなるでしょう。早く手を切らなきゃと思ってます。こういう人は執念深いので気を付けましょう。

セールスマンやネットでの勧誘でもそうですが、先に得を取ろうとする人からは、契約しない。そして取引をしないということを絶対に守った方が良いと今回の件で思いました。

今回は、いい経験になりました。Bさん=後輩には、伝えたいのですが、完全に染まっている感じなので、おそらく僕の言葉は届かないでしょうね。一応伝えてみますけどね。

最後に

今回の記事どう思いましたか?得と損。誰でも損はしたくない。しかし、損を取らないと得はしないと僕は思ってます。その得を前面に出しているようでは、成功とはほど遠いと思うのです。あなたはどう思いますか?

この記事の下のコメント欄でも、動画のコメント欄でも良いので意見をください。よろしくお願いします。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

私の生活スタイル
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました