仮想通貨ANGOUTのLINE@

1×bit.com(ワンバイビット)はカジノでバカラが熱い!

仮想通貨ANGOUTのLINE@
1×bit.com

ブックメーカーって知ってますか?イギリス発症のギャンブル的な投資なんですが、スポーツやゲーム、カジノ等をインターネットで賭けることができます。

僕はバカラでいくらか稼げるようになったので、その手法をお伝えしたいと思います。

ワンバイビットでバカラの攻略法を公開!

バカラとは

カジノと言えば、僕は一番最初に出てくるのがルーレットですが、バカラもその次くらいに出てきます。バカラとは簡単に説明すると右と左にカードを並べて9に近い数字がでたら勝ちを決め、どの勝ち負けを予想するカードゲームです。

カジノの中でも丁半博打のような感じですが、これを投資と捉えて実行すると面白いことになります。僕は、この手法で5万円を1週間で20万ほどにしました。

バカラで賭ける時の用語

バカラを賭ける時に使う言葉は「プレイヤー」と「バンカー」です。このプレイヤーとバンカーがどちらが勝つかを決めるのがバカラでどちらか9に近いほうが勝ちです。同じ数字になったらドローになります。

つまり勝ちか負けかドローかの3種類しかありません。つまり3種類しかないということは、勝率3割3分3厘です。しかもドローは賭けたお金が戻ってくるので実質5割です。バイナリーオプションと同じ確率ですが、上に行ったり下に行ったりを予想するわけではないので、裁量は全く通用しません。

つまり、どちらかに行く確率が本当に50%です。だからバイナリーよりもマーチンが賭けやすいと僕はおもっています。

バイナリーよりマーチンが賭けやすい理由

バイナリーオプションよりもマーチンゲールが賭けやすい理由として、予想するのに確率でしかないからです。余計な裁量が入らないということは勝手な判断をしなくていいんです。だからぼくは3つ同じ勝ちが続いたら逆張りをします。

3つ勝ったら逆張りとは?

例えばバンカーが3つ続いたとします。そしたら次はプレイヤーにベットします。その勝負で勝ったら勝ちで次の勝負をしますが。負けた場合はベットした金額の倍の金額を賭けていきます。これがマーチンです。バカラもバイナリーオプションも考え方は同じです。

マーチンすることで、倍々に賭けていくので、いつか取り戻すことができます。ただ気を付けてほしいのは、まれに10連勝とかすることがあります。それはどういうことかというとバカラが10回続いたりプレイヤーが10回続いたりすることがあるんです。

この場合は、マーチンの数を5回で決めるなどのルールを決めておきましょう。最初に投資した資金によっては6回も7回もマーチンしたら資金が飛んでしまいますからね。

最後にバカラで勝って止める時にサッカーにベットして止める

僕の手法としては、バカラで資金を集めたら最後にサッカーにベットしておきます。サッカーはスポーツをクリックすると右サイドバーに次に試合する予告が出てます。そこで10倍くらい差のある試合を見つけて、ほぼ勝つと思われるほうにベットします。

この方法は、だいたい勝ちます。今まで2回くらいしか負けたことがありません。なので確率的にはほぼ勝てる手法となります。

それでは、いろいろと話ししているよりも実践でやったのうがわかると思うので、まずは登録していきましょう。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

1×bit.com
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました