ビットコインの今後

仮想通貨ANGOUTのLINE@
EVISU MINING
【2020年】ビットコインの今後を予想

ビットコインの半減期

ビットコインの半減期が2020年5月に来ます。半減期とはマイニング報酬が半分になるということです。マイニング報酬とはビットコインを作成するときにする作業になります。ビットコインはウェブ上で取引される前にブロックチェーンの中の台帳が作られます。その作業をマイニングといいます。

マイニングすることでビットコインが生まれるという仕組みです。その時の報酬が半分になるので、ビットコインの価値が上がると言われてます。するとどうなるかというとビットコインの価格が上がってくるでしょう。

半減期のあとにすぐ上がるわけではありませんが、1年後には倍以上になることが予想されます。

金融危機が起こるとビットコインの価格が上がる?

2020年から2021年ころに金融危機がくると言われてます。現在引き金を引きそうなのは、ドイツ銀行のデリバティブ崩壊、イギリスのEU離脱、ソフトバンク倒産などがありますが、現在金融だけがバブルを起こしています。

GDPの4倍にまで金融資本が膨らんでいます。つまり実体経済よりも遥か上に金融資本があるということです。例えば、デリバティブが崩壊すると、すべての金融商品のバブルが飛ぶと言われています、

今まさに導火線に火を付けた状態であり、ドイツ銀行の頭取でさえ、いくらまでデリバティブが膨らんでいるかわからないと言っている有様です。もう危ないです。

他にも中国のGDPの水増し問題や米中貿易戦争など中国が引き金を引くかもしれません。正直、資本主義経済が破綻する可能性もあります。

ビットコインの今後

ビットコインの今後を考えると、金融危機や半減期を迎えた後にどうなるかを考えたら、すぐに答えが出ます。間違いなくビットコインの価値が上がっていくでしょう。

例えば、ベネズエラやアルゼンチンではハイパーインフレーションになりました。インフレとは通貨の価値が低くなることです。そこにハイパーが付くってことは、ほぼ通貨の価値がなくなったわけです。

例えば日本で、インフレが起こるとしたら、マクドナルドでコーラを買うときに1万円札を1000枚持って行かないと買えないという状態です。これがベネズエラとアルゼンチンでは起こりました。今、現在ベネズエラとアルゼンチンではビットコインの価値がどんどん上がり、使用しまくっています。

今の日本はデフレーションなのでハイパーインフレになることはないと思いますが、金融危機が来ることで預金封鎖になることはあり得る話です。それほど今の金融の仕組みは、危ない状態にあるのです。

今のうちに準備しておきましょう。

マイニング事業に参加するには

ビットコインを増やす方法としてマイニングに参加することがあります。今回僕が推しているマイニング事業を4年間継続して月利8%以上だしている企業。株式会社フィルコマンドのエビス・マイニングは今後、伸びていくしかないと思います。

エビスマイニングの登録はこちらから

人気ブログランキング
image
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

EVISU MINING
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました