仮想通貨ANGOUTのLINE@

WEENZEEが2か月で良い感じと思ったら落とし穴が!

仮想通貨ANGOUTのLINE@
WEENDEE

WEENZEE2か月が終わって見たら結構面白くなってきました!っと思ったら落とし穴があったので、最初の動画と最後の動画も観てください。【注意】最初の動画だけで登録とか急がないでください。しっかり最後まで見て判断を願います!

WEENZEEってどうなの?うーん微妙?将来は?

さあ2か月がたちました。かなり良い感じですね。っと思ってよく調べてみたらどうなんだろう?逆に飛ぶタイミングがわかる気がすると思いました。

そうこうしているうちに飛ぶというのが、ポンジスキームですが、WEENZEEは果たしてポンジスキームなのか??さてどうなのか?

2か月間の実績

初期投資

ビットコインを初期投資0.03BTCで始めました、2019年4月25日のチャートで1BTCが608,816円です。初期投資が日本円で18,264円です。そして156.72WNZに交換しました。つまり1WNZが初期の時点で日本円で116.54円です。

1ヵ月目の実績

上記が2019年4月25日~30日間の実績です。最初のWNZが右上赤枠の156.72WNZ。実際に増えたのが196.73なので予想通り増えました。ちなみに最初の入金が0.03ビットコインです。4月25日のレートを下記の画像を見てください。

ビットフラヤー日本円チャート(2019年4月25日)

【ビットフライヤー日本円チャート参照】

4月25日のビットコインチャートが日本円で608,816円。0.03BTCを投資したということは、18,264円でWEENZEE投資を始めました!そして4月25日のWNZが156.72WNZなので、1WNZ=116.54円になります。(小数点とコンマを間違わずによく見てくださいね。)

本日2019年7月1日のレート

ビットコインの買値が0.00094BTC、売値が0.00091BTCになります。今回は売値で計算していきますね。ビットコインの今日のチャートを見ていきますね。

ビットフラヤー日本円チャート(2019年7月1日)

2ヵ月目の実績

18,264円で投資を始め、2か月後には下記のようになりました。

今のレートで計算すると、1WNZ=0.000091BTCなので単純にこの時点でBTCを今の日本円にすると1WNZ=110.82円になります。6円もさがっとるやないかーい!ビットコインの価格が上がっているのにWNZの価格が下がっているので、あまり得をかんじないですね。

このレートで計算すると、2か月が終わった現時点で、27,303円になります。確かに初期投資の

つまりWEENZEEの1WNZの価格が18,264円と比べると9,039円のプラスですが、ビットコインが2か月前と同じ値段と考えると1WNZ=日本円で55.40円になります。このレートで計算すると13636円になります。なんと!!ビットコインの相場が2か月前と変わらなかったら、-4,627円!!

っというこで、ビットコインの高騰の煽りでもっているのか、それともこれが戦略なのかわかりませんが、一応資産は増えてるのでよしとしましょう。

WNZの資金調達が120億円くらいになってるね。

上記の画像を見てもらうと分かるのですが、今現在のWEENZEEのWNZの買われた数量と売られた数量が出ています。これを見ると7対3で買いの方が多いです。おそらくこれが売りの方が強くなる前に飛ぶんではないかとみてます。

しかし、飛ぶ飛ぶ失礼なこと言ってますが、もしかしたらまじめな会社でコツコツと業績を上げているとも考えられます。上の画面は一つのバラメーターになるのではないでしょうか?

僕は買いが55%くらいになったら売り抜けようと思っています。資金も少ししかいれてないので、大きく勝てるわけではないですが、倍になったらいいですよね。登録は「興味あり」に進んでください。

人気ブログランキング
投資案件ランキング
EVISU MINING(エビス・マイニング)
EVISU MINING

業界の常識を覆すマイニング案件。4年間の実績から飛ばない案件と言われています。今更マイニングという声もありますが、エビスマイニングはは太陽光発電よりも配当が良い案件です。1年で元本回収できる最高の案件となっておりますので、まずは登録をしましょう。

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)
FsharesClub

FsharesClub(エフシャレーズクラブ)は、配当案件の中でも紹介報酬が熱い案件です。紹介できる人ならものすごく稼げるでしょう。ただ、紹介が苦手な人でも、早く登録して運用することで、上から紹介者が勝手についてくるという利点もあります。そしてプロジェクトも期待できるものなんで、今後の展開が楽しみな案件です。

MiningCity(マイニングシティ)
MiningCity

MiningCity(マイニングシティ)はマイニングを配当にあててくれるウォレットです。マイニングとは、コインを採掘する一番最初の工程です、今後、マイニングティは間違いなく伸びてくるでしょう。ただ、ウォレットの進み方が遅いので、今の段階ではちょっとわからないというのが現状です。もっと実感できたら順位をあげてくるでしょう。

ANGELIUM(エンジェリウム)
エンジェリウム

日本の運営の案件でポン自スキームではない本物の案件です。しっかりとした運営がしっかりとした計画の元、配当を順調に重ねています。飛ばない案件として長い投資ができるので安心して登録してください。

My Passive Trades(マイ・パッシブ・トレーダーズ)
My Passive Trades

My Passive Tradesは、日本にまだ入ってきてないHYPE案件です。日本では水面下で知っている人は知っているレベルです。イギリス発症のこの案件は2012年から長く続いているところをみると安心できるのではないでしょうか?日本人になぜ広まらないかというと全部英語だからです、日本語に翻訳すれば、ある程度わかりますが、サイト自体が日本語に対応してません。しかしこの案件は将来楽しみな気がします。

WEENDEE
noriをフォローする
仮想通貨ANGOUTのLINE@

自由なライフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました